ヘルペスになったら

ヘルペスは早めの治療が大切です。治療を始めるのが早ければ早いほど、症状も軽くすみますし治りも早いです。ヘルペスが出来てしまったら、恥ずかしがらず早めに病院に行きましょう。

ヘルペスが出来る原因と対処法

ヘルペスというのは、小さな水ぶくれのようなものが集中してできるという症状を指すことばで、ふつうはこのような症状があらわれている場所によって、くちびるの周囲であれば口唇ヘルペス、性器の周辺であれば性器ヘルペスといった区別がなされます。
これらはタイプが微妙に異なるものの、同じ単純ヘルペスウイルスというウイルスが感染して起こったものであり、不潔にしていた手で粘膜をさわってしまったり、性行為の際にパートナーからウイルスをうつされてしまったりといったことが原因となります。
水ぶくれになった部分に痛みがあったり、かゆみがあったというのが一般的で、数週間程度すると、かさぶたのようなものができて自然に治ってしまうこともありますが、はじめての感染の場合には、高い熱がでたりすることもあります。
こうしたヘルペスの症状への対処法ですが、基本的には病院の皮膚科などを受診して、専用の抗ウイルス薬を処方してもらうというのが、もっとも手っ取り早い方法であるといえます。
抗ウイルス薬の処方を受ければ、体内でウイルスが増殖することが抑えられますので、治りがひじょうにはやくなります。
ただし、この種のウイルスは、実はいったん治ったようにみえても、体内に潜伏しているものであるということを、忘れないようにすることがたいせつです。
仕事や家庭におけるストレス、あるいはかぜなどのちょっとした病気によって、免疫力が低下してきたときに、この潜伏していたウイルスがふたたび活動をはじめて、またヘルペスの症状があらわれるおそれがあるためです。
対処法はさきの場合と同様に、抗ウイルス薬ということになりますが、はじめてかかったときよりも、症状としては軽くて済むというのがふつうです。