ヘルペスになったら

ヘルペスは早めの治療が大切です。治療を始めるのが早ければ早いほど、症状も軽くすみますし治りも早いです。ヘルペスが出来てしまったら、恥ずかしがらず早めに病院に行きましょう。

ヘルペスが原因の小児科の病気と感染症情報

生後1年未満の子供が、突然高熱を出し、熱が下がったと思ったら背中やお腹に赤い発疹が出ることがあります。
このような症状が出た場合は、突発性発疹の可能性もあるので、病院の小児科で医師の診断を受けることが大切です。
突発性発疹は、世界中で起こっている感染症です。
現在では、様々な感染症情報を入手することができます。
突発性発疹は、ヘルペスウイルスによって起きます。
病原体のヒトヘルペスウイルスに初めて感染した時に、突発性発疹が出ることが多いのですが、症状には個人差があります。
ですから、感染症情報をチェックして、備えておくと安心です。
病院の小児科で、感染症情報について聞くこともできます。
突発性発疹の患者を年齢別で見ると、生後6ヶ月以上1歳未満の赤ちゃんが最も多くなっています。
ヘルペスウイルスに感染して突発性発疹を起こした乳幼児のほとんどが、発熱を起こします。
日本の子供は、欧米の子供に比べて典型的な突発性発疹の症状が出やすいと言われています。
高熱が平均して4日ほど続き、熱が下がると発疹が出ることが多いです。
発疹が出る場所は、胴体や顔が多く、4日くらいすると症状が改善していきます。
また、発疹以外でも、咳や軽い下痢、痙攣、リンパ節の腫れなどの症状が出る場合があります。
下痢を伴う突発性発疹の場合、脱水症状が起こることがあるので、十分な水分補給が必要です。
熱が下がって、正常な体温になってから発疹が出るのが突発性発疹の特徴です。
発疹が出るまで、はっきりした診断ができないことも多いです。
また、高熱の後に発疹が出た場合、自己判断で突発性発疹だと思い込む人もいますが、他の病気の可能性もあるので、必ず熱が出た時点で病院の小児科などを受診して、医師の診断を受けるようにします。