ヘルペスになったら

ヘルペスは早めの治療が大切です。治療を始めるのが早ければ早いほど、症状も軽くすみますし治りも早いです。ヘルペスが出来てしまったら、恥ずかしがらず早めに病院に行きましょう。

単純ヘルペスの特徴と感染経路

単純ヘルペスウイルスは口の周辺などに水ぶくれができる病気です。2種類のタイプがあり、口唇や口内炎などの顔を中心に、上半身に現れるものを1型、性器を中心に下半身に現れるものを2型として分けられます。
単純ヘルペスウイルスに感染すると、炎症を起こしたように赤くなり、徐々に複数の水ぶくれがあらわれ、痒みや痛みを感じるのが特徴です。水ぶくれが破れるとかさぶたができ、やがて2週間ほどで治ります。口唇の周辺や口内炎であらわれることが多く、子供のころに感染して抗体ができるのがほとんどです。免疫があると1型、2型に関係なく、感染しても発症しないか軽度の症状で済みますが、まれに一度も感染したことがない大人もいます。単純ヘルペスウイルス2型が主で、性交渉によって初めて感染した人は、症状が重くなることが多く、発熱・頭痛・ただれなどが見られ、他にも太もものリンパ腺が腫れることがあります。性器にあらわれたヘルペスは痛みを感じるため、歩くのが困難になるといった特徴もあります。
感染経路は人との接触が主で、他にも生活に関わる様々なものからうつります。症状が出ているときはウイルスを大量に放出し、免疫がない人や抵抗力が落ちている人が患者に接触すると、うつる確率が高くなります。非常に感染力が強いのが特徴で、直接的な接触以外にも、顔を洗ったタオルなどからもうつります。2型であればお風呂やトイレからでも感染するため、トイレを使った後は消毒用エタノールで便座を拭くなど気をつかう必要があります。
また水ぶくれが破れた患部には、大量のウイルスが潜んでいるため、指で触れた場合は石鹸でしっかりと手洗いをすると良いです。症状が出ていない時はウイルスも大人しくしているので、うつる可能性はほとんどありません。しかし、まれに唾液などの粘膜からうつることがあります。